物流スタートアップのsoucoと豊田自動織機、業務提携契約を締結

2020.12.10

物流ソリューションプロバイダー大手の株式会社豊田自動織機(本社:愛知県刈谷市、社長: 大西 朗、以下 豊田自動織機)と倉庫と荷主のマッチングプラットフォーム『souco』(以下souco)を運営する物流スタートアップの株式会社souco(本社:東京都千代田区、代表取締役:中原 久根人、以下 souco社)は、双方が保有する技術、情報等を活用し、倉庫および倉庫内アセットの有効活用に関するサービス、システム等を、開発、提供、運用、その他関連する事業を行うことを目的とした業務提携契約を本日締結しました。

souco社は物流施設や倉庫の空きスペースを抱える企業と、スペースを必要とする企業の情報を集約したマッチングプラットフォームを展開しています。11月末時点での登録企業は1500社以上となります。豊田自動織機は国内に40社あるトヨタL&F販売店ネットワークを通じて、世界シェアNo.1*のフォークリフトや自動倉庫、AGV等の物流ソリューションを提供する企業です。
souco社と豊田自動織機は、提携の第一段階として、豊田自動織機または全国40社の販売店の取引先に対し、保有する物流施設の稼働率向上支援として、空きスペースの有効活用を目的としたsoucoの紹介および登録サポートを開始します。これによりsouco社はより広範囲な倉庫ネットワークの獲得を目指します。同時に、豊田自動織機はsoucoを利用する荷主企業向けに、倉庫の一時利用時におけるフォークリフトレンタルを開始します。

*  シェアNo.1 : 豊田自動織機調べ





souco社と豊田自動織機が目指す将来サイクル

souco社と豊田自動織機が目指す将来サイクル

この記事をシェアする